Displaying 1 - 4 of 4 entries.

脱毛は今の時期から始めるといいよ

  • Posted on 9月 3, 2015 at 4:20 PM

仕事上どうしても…という方以外でもあっさりと、VIO脱毛の施術を受けるようになっており、さしあたってアンダーヘアが濃いことがコンプレックスな人、ファッション性の高い水着や下着を着用したい方、セルフケアがめんどくさい方が多く見られる傾向にあります。

脱毛効果は当たり前、ミュゼは店舗の数、売上金額業界トップを行く脱毛専門エステです。良心的な価格でワキ脱毛施術が体験できてしまう超人気サロンです。

全身脱毛をすることになったら費やす期間が長くなってしまうので、通いやすい場所にある数軒のサロンの中から、キャンペーンを賢く使ってそのサロンの雰囲気やスタッフの対応について体験した後に、どこにするか決めるというのがおすすめです。

自力で脱毛するより、脱毛エステを利用して脱毛するのがベストではないでしょうか。近年の傾向として、数多くの人が親しみを持って脱毛エステに委ねるので、脱毛施設のニーズは毎年徐々に増加しつつあるのです。

脱毛サロンと変わらないレベルの高い性能が備わった、自宅で使えるセルフ脱毛器も沢山のメーカーが販売していますので、目的に合った性能のものを選べば、エステに通わなくてもサロンと同じくらいの効果のプロのような脱毛処理がいつでもできるということになります。

皆さんご存知の永久脱毛というのは、特殊な技術の脱毛により非常に長い間太い毛が生えてくることがないように施された処置のことを指します。
よく見られる方法は、毛根に針を刺して電流を流す絶縁針脱毛と医療用レーザーによるレーザー脱毛(レーザー脱毛について)があって、毛量などに合わせて選べます。

男性が理想的だとする女性像にはムダ毛は生えていません。そして、ムダ毛の剃り残しを見て落胆したというナイーブな男性は、案外多いのではないかと思うので、ムダ毛対策は丁寧にしておくべきなのです。

往々にしてとりあえずワキ脱毛からトライするとのことですが、数年の時を経てまた無駄毛が何本か生えてくるというようなことがあっては、とても残念な気持ちになりますよね。エステサロンではそんな不安があるのですが、美容皮膚科による脱毛なら高い出力のレーザーですからより確実な脱毛が期待できます。

二年ほどで、大体の方がお手入れ不要になるくらいにワキ脱毛が仕上がるということが言われているので、長い目で見積もって約二年程度の期間で満足できる水準に処理できると踏まえておいた方がいかもしれません。

人目に触れやすい脇の下のワキ脱毛を仕上げておきたいと希望する方には、通い放題の両ワキ脱毛フリープランというお得なプランがあります。心行くまで回数の制限なく施術してもらえるのは、ありがたいプランですよね。

アメリカの米国電気脱毛協会によって、「永久脱毛と言われるものの正しい定義とは、全ての施術が完了後、1か月たった時点での毛の再生率が処理前の状態の20%以下である状態とする。」とはっきり決められています。

ムダ毛治療をしてくれるクリニックなど国に認可された医療機関でお願いできる、徹底的に綺麗な状態にする永久脱毛や、かなり強いレーザーを利用したレーザー脱毛にかかるコストは、トータルで見ると確実に毎年少しずつお手頃価格になってきている傾向がみられます。

剃刀やシェーバーを使ったり、毛抜きを用いたり、脱毛クリームで溶かすなどの手法が、よく使われる脱毛と言えます。それに加えて色々とある脱毛方法の中には、永久脱毛に分けられるものも存在しています。

少し前から、様々な脱毛サロンのプログラムで評判を呼んでいるのが、身体中のムダ毛を処理する全身脱毛です。全身脱毛専門サロンが続々とできるほどに好評を博しているという動向にお気づきですか?

邪魔なムダ毛のお手入れから逃れられるので、一歩踏み出せず困っている状態の方がいらっしゃるというのなら、よろしかったら、エステティックサロンに足を運ばれてみてはどうかと思います。

夏、学生時代に出費が多くてお金が足りなくなり困ったことがありました。

  • Posted on 6月 25, 2015 at 1:45 PM

私が大学生の時です。

1年生の時は学生寮に住んでました。しかし、2年生になるまでに建物の老朽化で廃止になり、春からアパート暮らしをしました。

親からの仕送りやアルバイトで生活し、親の苦労、お金の大切さが身に沁み無駄遣いは危険ということがよくわかりました。

そんな2年生の夏です。テストも終わり間もなく夏休みという時でした。別に無駄遣いをしたというわけではありません。

まずに私は剣道のサークルに所属してました。剣道の大会や市外、県の遠征がありました。1週間に1回は練習や試合でした。コーチからの提案で格安で京都で練習できる場所を見つけたということでしたので、合宿兼旅行を兼ねてました。部長からもよほどでない限り全員参加ということで有無を言わさず出席でした。もちろん練習試合や遊んだりいい思い出でした。

ですが、格安とはいえ新幹線代、宿代は補助があったとはいえある程度のお金は自分で出しました。まだ何とか大丈夫でしたので自炊もしていたので何とかなるとの計算で生活してました。

しかし、その後の事です。その年の夏はアルバイトや剣道の大会で全く地元に帰るつもりはなかったけど、地元の友達ができちゃった結婚でいきなり決まり結婚式に参加することになり帰郷。祝儀。二次会等でお金がかかりました。終わり直ぐに戻りました。お金はだいぶ減ったけど少なくなったので困惑したけどアルバイト代も出るのが近かったのと贅沢、遊び、飲み会控えれば大丈夫だと思いました。ですが、アルバイト代をもらった直後、アルバイト先の料理店が移転で私の住んでいる場所からだいぶ遠くなるということで事実上を辞めざるを得なくなりました。その数日後、親戚のおじさんの訃報で実家へ戻り、父親と北海道の親戚の家へ。戻ろうと思いましたが、今度は祖母の手術でしばらく滞在。

その間に地元の仲間の誘いで軽く飲んだりし、戻りました。もう残金が数万円しかありませんでした。後は直ぐにアルバイトを探して稼がなくてはと考えていました。ですが、ゼミの良くしてくれる教授から資料作りのためにどうしても一緒に東北に行くのに協力してほしいといわれ山形、仙台に行きました。お金は食事、飲み物最低限しか使いませんでした。

2日で帰ってきて疲れて家で1日のんびりして寝ていた時の事です。インターフォンが鳴りでました。出るとアパートの大家のおばさんでした。「今月の家賃が落ちなかったのだけど何かあったの?」と言われたときにはっと気づきました。アパートの家賃を払うお金を考えてませんでした。青ざめました。
すっかり忘れていたのです。私は土下座して事情を説明しました。するとおばさんは「手伝いをしてくれるなら半額にしてあげるよ。」と言われました。私は次の日に大家さんの家の隣の更地の雑草や駐車場の清掃をしました。炎天下の中雑草抜きは暑くて疲れましたが、そうは言ってられずひたすら頑張って掃除しました。1週間したら2万円にしてあげると言われて助かりました。

その後大学の先輩に頼み込み牛丼屋と大学の生協で掛け持ちのアルバイトをすることとなり稼ぎました。その間の食事は実家のコメや野菜等で自炊して凌ぎました。電気はなるだけ直ぐに使わないなら消す。エアコンも炎天下で高温以外は窓開けて過ごしました。アルバイト代が出るまでは幸い誘いやお金も高額に出費もなくただひたすらにアルバイトしてました。お金がなくて困ってどうしようか不安と切なさがあったけど何とか耐えて次の日からは正常に家賃もしっかり払っていけました。あの時ほどお金に困り冷や汗をかいたことは今でもいい思い出経験になったと思います。
よく生活できたと思うと奇跡だなと振り返ると思います。

こうやってなんとか乗り越えましたが、借金をすることまで頭を過りました。

ネットで学生でもお金を貸してもらえるところを探して・・・こちら

アルバイトをしていたので、アルバイトで定額の収入があれば金額は少ないですがお金を貸してもらえると書いてありました。実際に私は利用することはなかったのですが、友人たちはたまに利用したりしていました。その友人たちは私からしたら結構お金遣いは荒かったと思います。もっと節約生活をしていたら、私よりも仕送りも多かったし、アルバイト代も持っていたし、サークルも入っていなかったので借金をすることなんてなかったんじゃないかなってお節介だけど思ったりします。

 

 

 

 

バスクリンのようなカンクンの海に乾杯

  • Posted on 6月 8, 2015 at 11:42 AM

もう十年くらい前に、新婚旅行でメキシコのカンクンに行きました。

行程は、成田→ダラス→カンクンでした。

ホテルも飛行機も全部自分たちで予約して行きました。ダラスまでは結構順調だったのですが、ダラス国際空港でカンクン行きの飛行機が突然キャンセルになり、いきなり5時間足止め。

もしツアーだったらすぐに旅行会社の人が手配してくれたのにと、ちょっと後悔しました。

カンクンはメキシコですが、アメリカ資本での開発が多く、ほぼ英語が通じるといわれています。

しかし、一流と言われるホテルでも、マネージャー以外はほとんどスペイン語しか話せません。簡単な英語は通じるのですが、複雑なお願いになると聞いてくれません。

なので、マネージャークラスの従業員にチップを渡して直接お願いすると、スムーズに事が進みます。ここで、事前の準備が役に立ちます。日本にいる時に、前もって50ドルを全部1ドル紙幣に替えて、一枚ずつ折りたたんで10ドルずつ束ねておきました。

なにかサービスを頼むたびにチップが必要なので、この1ドル札の束は非常に役に立ちました。たった1ドルでも、すごい笑顔で「サンキュー!」とテキパキ動いてくれます。通貨価値が違うのか、チップの効果を実感しました。

この旅行では時差ボケが酷く、ほとんどホテルとホテルのプライベートビーチでボケっとしていました。

それはそれで、のんびりできて楽しかったのですが、世界的に有名なチチェンイツア遺跡のオプショナルツアーに行けばよかったと、日本に帰ってきてから後悔しました。

なかなかいける場所じゃないし、飛行機代だけでもすごくかかります。
一日だけでも、時間を取って行くべきでした。

小さな遺跡はそこらへんにあって、自由に入ることができるのですが、暑さと湿気で見に行ってもすぐ帰ってきてしまいました。次回行くときがもしあったら、必ず日本語ガイドのついたツアーに申し込みたいと思います。

カンクンでは、野生動物が沢山いました。遺跡や海岸で、野生のイグアナを観た時は、感動しました。動きは思いのほか早く、性格はおとなしいです。

湿度が非常に高く、暑い時期に行ったので(7月)大変でしたが、美しい海で泳いで、陽気なメキシカン気分にも浸れて、とても楽しい旅でした。

このようにカンクンに行ってきて思ったのですが、海外旅行は事前準備というのがすごく大事だなと思いましたね。準備していろいろ調べているだけでも、頭に入っているので、もしもの時にその下調べのように動くことができますからね。

海外旅行の準備に関してはこちらのサイトを参考にするといいですよ。⇒http://xn--u9j518gh0fdunnljkubm00g.com/

給料日前日にしらされた

  • Posted on 5月 12, 2015 at 10:03 AM

私が前働いていた飲食業なのですが辞めたのが前の月の26日で給料が15日払いだったので
来月の15日まで待つ必要がありました。
それで給料日の前日、オーナーに「明日給料日なので最後の給料とりにいきます。」
と連絡したものの返信来ず。
いつもならすぐに返信が来る人なのでおかしいな?と思い
店長や職場の先輩に連絡すると
「店はいろいろあって営業停止になってしまった。
給料がいつ払えるかわからない。」
と言われてしまい唖然。
「あと手持ち700円なんです!」と連絡しても
「申し訳ない。」
の返信しかこず。
手持ち700円であと半月どう生活しろと言われても絶対に不可能。
旦那に急いで連絡。
旦那も明日私の給料がはいるものだと思い使ってしまって
全くない。と言われてしまい混乱。
旦那の交通費、食費なににかんしても
あと700円じゃ足りませんでした。
そこでとりあえず、母に連絡して事情を話したところ
母も手持ち5000円しかないと言う事なので悪いし断り
とりあえずお腹もすいたところで700円で買い物に。
その行き道に母がバイクで向かってくるのが見えて
5000円と私の大好きなチョコレートをくれました。
「来月絶対返して。」と言われ帰っていきました。
本当に母に感謝です。
その後も一部の友達に相談していたこともあり
友達が夜遅くに家まで来てくれて1万円かしてくれました。
それからも、知り合いが5000円銀行に振り込んでくれました。
改めて貯金の大切さ、お金の大切さ、家族、友達の大切さがわかりました。
結局その後給料は次の日に8割支払われましたが
まだ2割支払われていません。
そのあとオーナーとは連絡が取れるようになりましたので
あとの2割の方は心配ないですが。
旦那が必死に金融会社を調べだした時は真剣に止めましたが
あそこまでお金に追いやられたのは初めてでした。
母は何でもわかるのか、旦那に「金融会社頼ってないか?」と
怒っていたのがちょっとした修羅場。
さすがに会社クビにでもなったら元も子もないですからね。
はじめて真剣にお金について考えた給料日前日でした。